果物の中でも一、二を争う位、みずみずしさが特徴の「ぶどう」。

夏が近づくにつれ、店頭にはデラウェア、巨峰、マスカットなどいろんな品種が並びます。

 

暑い時期の果物だけに、できればすぐに食べるのが好ましいのですが、どうしても残ってしまったり、置いておかないといけない状況になる場合もありますよね。

でもそんな時、どうやって保存すれば、より美味しく長持ちするのでしょうか。

 

今回はそんなぶどうの保存方法をいろいろとご紹介。ちなみにぶどうはどの品種でも保存方法はそれほど変わりませんのでぜひ覚えておきましょう。

<スポンサードリンク>

ぶどうやマスカットの基本的な常温保存方法

ぶどうやマスカットは、お店や直売所などでは常温で販売されています。そのため常温保存は可能ですが、あまり日持ちしません。

ですが買ってすぐに食べる場合は常温での保存が可能です。

 

しかし品種によっても違いはありますが、ぶどうやマスカットの旬が8月から10月と暑い時期。

温度が高いほど傷みやすいので、常温保存だと日持ちは2日程度が限度と考えた方がいいでしょう。また湿気にも弱いので、湿度が高い時は冷蔵庫に入れたほうがよいでしょう。

 

保存方法としては新聞紙やポリ袋などで一房ずつ包んで、直射日光を避けて冷暗所で保存するようにしましょう。

なお、デラウェアなどに言えることですが、新聞紙などに包む際には事前に新聞紙をくしゃくしゃにするなど、紙を柔らかくしてから包みましょう。

紙が硬すぎるとぶどうが紙の硬さに負けてしまい、表面が擦れてボロボロになったり、房からポロポロと取れやすくなったりしますのでご注意を。

ぶどうやマスカットの冷蔵保存方法は2パターン

ぶどうやマスカットを冷蔵保存する場合、そのままの状態で保存すると、表面の色が黒くなったり、味と香りが抜ける可能性があります。そのため冷蔵庫で保管する際は注意が必要です。

冷蔵保存をする場合、房のまま冷蔵保存する方法と、粒を房から外して冷蔵保存する方法の2パターンあります。

どちらを選ぶかは、冷蔵庫の空きスペースや手間を考えてお選びください。

sponsored link

房のまま冷蔵保存する方法

①ぶどうやマスカットをパックや袋から出す。

ぶどうをパックや袋から取り出す際に、枝から軽く取れてしまう粒は取り除いて先に食べてしまいましょう。なぜなら枝から軽く取れてしまった粒は実が熟してきているから。

枝から粒が取れると、付いていたところに穴ができるため、そこから傷んだり、カビが発生したりします。

②ぶどうやマスカットを新聞紙かラップでふんわりと包む。

ぶどうは粒が擦れると取れやすくなり、枝から取れかけると皮に穴が開いて汁が出てきます。するとそこからカビが発生したり、傷みやすくなります。

なので、擦れてぶどうが枝から取れないようにふんわりと包みます。新聞紙の場合は常温保存の時と同じく、事前に新聞紙をくしゃくしゃにするなど、紙を柔らかくしてからふんわり包みましょう。

粒を房から外して冷蔵保存する方法

①枝を3ミリほど残して切り離す。

ぶどうの粒を房から外す際、少しヘタを残すような要領で枝を2~3mm残してはさみなどで切り離します。こうすることで、枝から取れる際にできる穴を防ぐことができます。

ちなみに粒についた枝は簡単に取れるので食べる時にとればOKです!

②タッパーやジップ付きポリ袋に入れる。

取り外したぶどうの粒は、タッパーやジップ付きのポリ袋に入れて、ヘタが取れないように気をつけながら冷蔵庫で保存します(野菜室か冷蔵室で保存)。

その際になるべく粒と粒が重なったり、枝で粒を傷つけないように注意!痛みの原因にもなります。

 

冷蔵保存できる期間は房のままの場合は3~5日程度。房から外した場合は1週間程度です。

房から落ちてしまったものは傷みやすいのでなるべく早く食べましょう。

sponsored link

ぶどうの皮についてる白い粉、ブルームとは

ぶどうの皮についている白い粉は、「ブルーム」と呼ばれるぶどうが分泌している成分です。このブルームは鮮度を保つ役割をしています。

なので、冷蔵保存する場合は洗わずに、皮のまま冷蔵保存しましょう。ちなみにぶどうの皮を剥いて冷蔵庫などで保存すると、皮を剥いた表面から酸化してしまい、美味しくなくなってしまいます。

 

そのため必ず皮付きのまま保存し、冷蔵庫から出して食べる直前に洗うと良いでしょう。

ぶどうは冷蔵庫から取り出して食べる際、すぐに食べるとひんやりしたままでおいしいのですが、冷蔵庫から出して少し常温に戻ったくらいのほうが甘みをより感じられるようです。

好みにもよりますが、食べる際は、食べる20~30分前に冷蔵庫から出して常温に戻しておいてから食べると甘みがわかりやすくなるのでおすすめです。

もう少し長持ちさせたい!という方は冷凍保存で

ぶどうは長期保存が難しい果物ですが、冷凍庫に入れると約1ヶ月程度は保存が可能になります。冷凍保存する場合は、冷蔵保存で説明した粒を房から外した状態で保存します。

①枝を3ミリほど残して切り離す。

房から外して冷蔵保存する場合で説明したとおり、ぶどうの粒を房から外す際、少しヘタを残すような要領で枝を2~3mm残してはさみなどで切り離します。

こうすることで、枝から取れる際にできる穴を防ぐことができるので果汁が漏れず、傷みやカビの発生を抑えることができます。

②冷凍保存の場合は流水で洗い水分をしっかりふき取る

余分な水分と汚れはキッチンペーパーなどでふき取っておきます。少し面倒に感じるかもしれませんが、解凍した時に出てくるドリップがあまり出なくなるので、よりおいしく食べることができます。

また冷凍したものをそのまま調理したり、食べることもできるので事前に洗っておいたほうが便利に使えます。

③タッパーやフリーザーバッグになるべく重ねずに入れて冷凍

できるだけ粒を重ねずに、平たくして袋に入れるようにします。冷凍保存する場合はタッパーよりも小分けにしてフリーザーバックで保存した方が使い勝手がよいでしょう。

解凍して食べる際は、全解凍しても美味しいですが、半解凍にしてシャーベット感覚で食べても美味しく頂けます。解凍したものは絶対再冷凍しないようにしましょう。

 

冷凍保存した場合は2~3週間ぐらいを目安に食べきります。冷凍焼けが気になるものは加熱して食べた方がおいしくいただけます。

また皮を剥きたいい時は、冷凍庫から出す際に軽く水で濡らしておけば、表面の部分が軽く解凍され、ツルンと皮が剥けます。

sponsored link

皮を剥いて冷凍保存はできるの?

ぶどうの皮を剥いた状態で冷凍保存したい、という方もいるかもしれません。

結論から言うと、皮を剥いてから冷凍保存はできます。しかし茶色く変色することがありますので、そのようなことがあまり気にならなければ実践してみてもいいかと思いますよ。

 

そこで少し面倒なのがぶどうの皮むきです。上記でお伝えしたように、冷凍のぶどうは皮がツルン剥けますが、生の場合は時間がかかってしまいます。

そこで、鍋にお湯を沸かし、枝から外した状態のぶどうを入れます。20秒ほど茹でたらすぐにザルにあけ、流水で流すと皮がむけやすくなります。

 

充分に冷ましたら、タッパなどにきれいに並べて冷凍しましょう。皮を剥いたほうが冷凍保存期間が少しだけ長くなるというメリットもあるようですよ。

sponsored link

まとめ
  1. ぶどうやマスカットは常温保存は可能ですが、旬の時期が8月から10月と暑い時期なので常温保存の日持ちは2日程度が限度。新聞紙やポリ袋などで一房ずつ包んで、直射日光を避けて冷暗所で保存するようにしましょう。
  2. ぶどうやマスカットを冷蔵保存する場合、房のまま冷蔵保存する方法と、粒を房から外して冷蔵保存する方法の2パターン。房のまま冷蔵保存する場合は新聞紙かラップでふんわりと包んで保存します。粒をはずす場合は枝を3ミリほど残して切り離し、タッパーやジップ付きのポリ袋に入れてますが、その際に粒と粒が重なったり、枝で粒を傷つけないように注意しましょう。
  3. ぶどうの皮についている白い粉は「ブルーム」と呼ばれる成分です。ブルームは鮮度を保つ役割をしています。なので、冷蔵保存する場合は洗わずに、皮のまま冷蔵保存し、食べる直前に洗うと良いでしょう。またぶどうを冷蔵庫から出して食べる際、少し常温に戻ったくらいのほうが甘みをより感じられるので、食べる20~30分前に冷蔵庫から出してから食べると甘みがわかりやすくなります。
  4. ぶどうは長期保存が難しい果物ですが、冷凍保存だと約1ヶ月程度は保存が可能になります。冷凍保存する場合は、冷蔵保存で説明した粒を房から外した状態で保存します。解凍して食べる際は、全解凍しても美味しいですが、半解凍にしてシャーベット感覚で食べても美味しく頂けます。解凍したものは絶対再冷凍しないようにしましょう。

 

いかがでしたか?ぶどうを少しでも長持ちさせるポイントはズバリ、「房から外して、少し枝を残して保存すること」です。冷蔵保存でも冷凍保存でも、どちらの場合も共通して言えることですが、ぶどうの粒が房から外れた時にできる穴がぶどうの痛みの原因なんですね。今年は、ひと手間かけておいしいぶどうを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?