3393370a9272-205b-4e1e-88a7-483f10966308_m

子供から大人までみんな大好きないちご。生でそのまま食べるだけでなく、いちごジャムやスイーツのトッピングとしても欠かせない人気の果物です。

 

ふと考えるといちごは一年中見かける気がしますが、一番美味しい旬の時期っていつだろう?って考えたことはありませんか。冬?春?初夏?

 

できれば一番美味しい旬の時期に食べたいですね。今回はいちごの一番美味しい旬の時期と、いちごの収穫時期には欠かせない「イチゴ狩り」のシーズンについてご紹介します。

<スポンサードリンク>

いちごの旬は昔と今では微妙に違う

いちごは昔、主に露地栽培だったため、春から初夏にかけて出荷される果物でした。

しかしここ最近では冬のクリスマスシーズンに欠かせないケーキのトッピングとしての需要が増え、12月の消費量が年間で一番ピークを迎えるようになりました

img_0076

そのため、12月のピーク時に出荷量を調整できるよう、品種改良を行ったり、冬の寒い時期でも収穫できるよう、ハウスによる栽培が主流といった、いわゆる促成栽培が今の栽培方法となっています。

このようにハウスによる栽培のように気温が高く維持できる栽培法では、だいたい2月~4月くらいまでが旬ですが、品種や地域によって微妙に異なります。

昔ながらのイチゴの旬は?

ちなみに昔ながらの露地栽培のいちごは4月ごろから5月下旬ごろが旬。露地栽培のいちごは経費がかかるハウス栽培のいちごよりも価格が安く、しかも太陽の光をしっかりと受けるためか甘さがとても強くておいしい物が多いです。

しかし路地栽培のいちごが出回る時期は気温も高くなってきているため、とても傷みやすいので購入時には注意が必要です。

 

さらに自然な環境で育った路地栽培のいちごは、やはり人工的に生育されたいちごの味にはかなわないようです。

もし露地栽培のいちごを見つけたら一度食べてみて、味の違いを確かめてみてはいかがでしょうか。

12月のいちごは少し注意が必要

c0184402_1439474

上でもお伝えしたように冬のクリスマスシーズンに向けていちごの出荷量がピークを迎えます。昔は輸入ものを使用していましたが、今は農業技術の発達により、いちごを12月ごろに出荷することができるようになりました。

 

しかし本来のいちごの旬のサイクルとは異なる時期の出荷のため、人工的に温度や日照時間をコントロールをします。そのため、実が赤くなっていない白い時期から冷蔵貯蔵をしておき、出荷の時期にいっきに温度を上げ、実を赤くしている場合が多いようです。

なんと、12月頃に多く出回っているいちご、実は採れたてではなかったんですね。

12月のいちごは美味しいわけではない

ケーキのトッピングには欠かせないいちごなのですが、実はケーキのトッピングということで、いちごの風味があればいいかなという感じなのだそうです。

 

ちなみにケーキのいちごだけを食べることはなかなかありませんが、いちごのみを食べてみると、確かに旬の時期に比べて、少し酸味が強くて、とても美味しいというわけではないようです。

そのため、12月前後に多く出回るいちごははやり旬の時期ではないため、美味しいとは限りません。

 

ちなみに、本来の旬を過ぎた夏ごろにもいちごは出回っていますが、こちらは『サマープリンセス』や『すずあかね』、『なつみずき(夏瑞)』といった夏に収穫できる品種なので安心してください。

品種によって違ういちごの旬の時期

12

イチゴの主な品種ですが、かつては東の「女峰」、西の「とよのか」と言われるほど、この2つの品種が市場のほとんどを占めていました。

 

しかし今日では世代交代が進み、市場には多くの品種のいちごが出回っています。傾向としては大粒のイチゴに人気があるようで、「あまおう」に代表される大粒品種や、それらをもとに作られた新しい品種がよくみられます。

 

また「章姫(あきひめ)」「さがほのか」などの品種もスーパーの店頭では見かけます。

 

その他現在では先ほど紹介した「あまおう」と「さがほのか」のほか、「紅ほっぺ」「とちおとめ」「さちのか」が5大品種と言われており、この5品種だけで全生産量の8割近くを占めています。

sponsored link

品種で違ういちごの旬をチェックしてみよう!

それぞれの品種は産地や特長によって味が違います。主な産地と旬の時期をおさえておいて、どの時期にどんな種類のいちごが栽培されているのか、チェックしてみるとお気に入りのいちごの味が見つかるかもしれません。

 

またそれぞれの旬の時期を押さえた上で、いちご選びをしてみると、当たりの確立が大幅に上がること間違いなしです!

女峰(時期:12月~3月下旬、主な産地:栃木県)

img58338992

静岡県の登録品種いちご。糖度が高くて酸味もあり、甘酸っぱい味

 

外観がよく、小ぶりで綺麗な円錐形をしているので、ショートケーキ用に使われていました。

 

かつては「東の女峰」と呼ばれていたロングセラー種ですが、世代交代が進んで今ではイチゴ全体の1%程しか作られなくなってしまった品種です。

とよのか(時期:12月~4月下旬、主な産地:福岡県)

img58794077

こちらも女峰に並んで「西の横綱」と呼ばれていた西日本の代表的な品種

 

品質がとても高く、おまけに早期収量の多い早出し可能な品種で、促成、半促成栽培にも適しているイチゴとして人気を得ました。表面は凸凹があるのが特徴で、粒が揃いにくい。

 

果肉は柔らかくてジューシー。甘い香りが強くて、糖度も酸味も優れた品種です。

あまおう(時期:12月下旬~4月中旬、主な産地:福岡県)

03722_2011_0208_img_2710

「とよのか」に代わるいちごとして作られた品種。

 

果実が大きく形が整っていることや、赤くて艶が良い、糖度が高い特徴を持つことから、「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの頭文字をとって「あまおう」と名づけられました。

 

粒がとても大きいのが特徴で、甘く、酸味のバランスもあって、いちごの美味しさランキングでも軒並み1位を獲得する超人気品種

 

ちなみにあまおうを使った菓子も多く出回っています。品質を維持するため福岡県でしか栽培されていません。

章姫(あきひめ)(時期:12月~3月上旬、主な産地:静岡県)

strawevent_aki1

サイズはとても大きくて細長いのが特徴。酸味が殆ど無く、果皮は薄紅色をしており、あっさりとした甘みが特徴

 

果肉は柔らかいので、保存の際は要注意。形も綺麗で味も良いため、ケーキのトッピングにも向いている品種です。静岡県や愛知県ではこれまでの「女峰」に代わって、8割から9割がこの品種を栽培しています。

 

また滋賀県でも章姫を中心にいちごの栽培が行われています。

さがほのか(時期:12月下旬~4月中旬、主な産地:佐賀県)

n-sagahonoka00

大きくて中身が白く香りが良いのが特徴。甘みが強くて酸味が穏やか。甘さが前面に出ていますが、暖かくなると甘みも酸味も強くなり、日持ちもします。

 

佐賀県はイチゴの産地としても知られており、1991年に佐賀県農業試験研究センターで、「大錦」に「とよのか」を交配させて生まれた実生の中から選抜・育成された品種で、2001年に品種登録されました。

紅ほっぺ(時期:1月下旬~4月上旬、主な産地:静岡県)

ichigo-beni-cut-nuki-g-3

ほっぺが落ちるくらいコクがあり美味しく、また親しみを持ってもらえるようにという願いを込めて命名されました。

 

その名の通り、鮮やかな紅色で中身も赤くなり、大きいのが特徴。やや硬めで、長い円錐形をしています。適度な甘みと酸味が特徴。日持ちもします。

とちおとめ(時期:12月~3月中旬、主な産地:栃木県)

9d2cb1f0102787f6cbcc1e01f5019993

粒が大きくて甘みも強く、日持ちもします。

かつては女峰などが作られていた地域がどんどんとこの品種に切り替えられ、2013年現在では栃木県内のいちごの9割以上が「とちおとめ」となっています。

 

日本一の生産量をほこる品種で、主に東日本で一番多く食べられています。ちなみに関西ではあまおうの方が多く、さちのかやさがほのかなど九州産のいちごが多いようです。

さちのか(時期:1月~2月下旬、主な産地:福岡県)

thumbnail

糖度が高く、酸味が低いです。果肉は固くて日持ちします。

果肉の色は淡紅色で、果心も淡赤色をしているのでいちごジャムやピューレにすると綺麗な濃い色のものが作れます。熟しすぎると黒ずんだ赤になりやすいです。

 

これはさちのかの特徴でもある酸化による黒化で、熟したものは収穫後時間と共に黒ずんだ濃い赤に変色してきます。他の品種に比べてビタミンCが多いのも特徴のひとつです。

旬の味が楽しめるイチゴ狩り。シーズンのスタートは?

%e3%81%82%e3%81%be%e3%81%8a%e3%81%86

大きくなった赤い実を食べながら摘み摂る「イチゴ狩り」。最近は春先のレジャーとして定番化しつつありますが、実際スタートする時期といちごが美味しく食べられる時期は微妙に異なるようです。

 

せっかく行くのなら、美味しいイチゴをいっぱい味わいたいですよね。

 

イチゴ狩りのシーズンは1月からゴールデンウイーク明けくらいまでですが、早いところだと12月からオープンする所もあるそうです。また長野県など涼しい地域では5月から6月初めまでオープンしています。

イチゴ狩りの値段の違い

ちなみにイチゴ狩りは時期によって値段が微妙に違いませんか。だいたいスタート時の12月から1月ごろが一番値段が高く、2月や3月になると少し値段が下がり、4月5月にはさらに値段が下がるような感じです。

 

露地栽培のいちごの旬は4月から5月頃ですが、イチゴ狩りのいちごはハウス栽培が多いようです。そのためハウス栽培のいちごが美味しい時期というのは少し寒い時期が美味しいとのこと。

 

なぜなら気温が低いほうがイチゴの糖度が高く、甘くなるからだそうです。しかし3月も後半になってくると、イチゴが小粒になり、だんだん水っぽい感じになってきます。

結論!ズバリイチゴ狩りのベストシーズンはこの時期

t_02_b

結論としてはイチゴ狩りのベストシーズンは、関東近郊では1月~3月上旬くらいまで、もう少し涼しい長野県あたりだと3月下旬位までが美味しい時期になります。

 

ちなみにイチゴ狩りって値段がちょっと高く感じませんか。

 

イチゴ狩りがスタートした直後だと、家族で行くと約5000円くらい掛かる場合も。なので、もう少し安くあげたいと思いの方は、料金が変わった直後が狙い目です。

例えば、2月15日から料金が下がるなら、2月15日直後の土曜日がイチゴもおいしく、料金も安くなっていてお得ですね。

sponsored link

まとめ
  1. いちごは現在ではクリスマスの影響などもあり、市場には12月頃から出回りますが、本来は4月ごろから5月下旬ごろが旬。昔ながらの露地栽培だといちごが太陽の光を直接浴びるため、甘さがとても強くて、とても美味しく感じます。
  2. クリスマスケーキのトッピングなどで使われる12月頃に多く出回っているいちごですが、実は採れたてではなく、人工的に温度や日照時間をコントロールし、実が白い時期に冷蔵貯蔵をしておき、出荷の時期にいっきに温度を上げて、実を赤くしている場合が多いようです。
  3. いちごの品種によって特長や味が異なります。現在では「あまおう」「さがほのか」「紅ほっぺ」「とちおとめ」「さちのか」の5大品種で全生産量の8割近くを占めています。
  4. イチゴ狩りのシーズンは1月からゴールデンウイーク明けくらいまでですが、ベストシーズンは、関東近郊では1月~3月上旬くらいまで。値段を少し安くあげたいと思いの方は、2月から3月頃に料金が変わるので、その直後の土曜日がイチゴもおいしく、料金も安くなっていてお得です

いちごは栽培方法によって旬の時期が異なったり、品種や産地によっても味が大きく変わるんですね。

 

またイチゴ狩りも、どの時期に行けば美味しいいちごをあじわえるか?お得な料金で楽しめるか?などいろんな角度から、それぞれにあったイチゴ狩りの楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 

今度いちごを食べるときは、よく観察して、品種や栽培方法などを確認して、ぜひ本当に美味しい旬のいちごを見極めて、食べて下さいね。