だんだんと寒さが増し、冬の気配を感じるようになると出てくる果物といえば、みかんを思い浮かべます。冬になると店先にもたくさん並び始め、コタツのお供に、と思ってガツンと箱買いをしてしまう家庭も多いはず。

しかし箱で購入するとたくさんあって嬉しい反面、ちょっと油断してると痛んだり、カビが生えたりなどして捨ててしまったりすることも。そうなるとちょっともったいないですよね。

そこで今回は出来るだけそんなもったいない経験をしなくていいように、みかんの上手な保存方法をご紹介致します。

<スポンサードリンク>

みかんの正しい保存方法とは?

実は収穫後もみかんは生きているんです。そのため、みかんの表面から水分がどんどんと蒸発しているんです。そんな状態のみかんを密閉した段ボール箱に入れていると、蒸発した水分の湿気でカビが生えやすい状態になります。

そのためみかんを保存する場合は5度から10度くらいの温度で、直射日光が当たらず、通気性の良い場所で保存するようにしましょう。

 

またはダンボール箱で購入したみかんはきちんとしていても痛んだり、カビが生えたりするだけでなく、そこから他のみかんにも移って、大量にみかんがダメになってしまうこともあります。

せっかく箱買いしたみかんなので、できるだけ1個でも痛ませずに食べ切りたいもの。なので箱で買ったみかんは下のように保存するとよいでしょう。

保存のやり方

(1)まずは段ボールからみかんを全部出します。このときに、つぶれて変形してたり、カビているものや柔らかいものは取り除いておきます。

(2)段ボールの底にみかんのヘタを下にして詰めていきます。1段目がいっぱいになったら今度は2段目・・・3段目というふうにみかんを積み上げていきましょう。

(3)全部いれ終わったら一番上に新聞紙をのせ、ふたはせずに涼しいところに保存しましょう。保存する場所は廊下や玄関などに置いておくとよいでしょう。

重ねる段数ですが3段くらいまでにしておくのがオススメです。

 

みかんは重ねると重みなどで当たった部分から痛みがちなので、できれば浅めのダンボール2つくらいに分けれ保存できればなおベターです。ちなみに入れ直した際に少し痛んでそうなみかんは取り分けて、先に食べてしまいましょう。

ダンボールにそのまま入れておくと、下の方からカビが生えてくるので、時々上と下を入れ替えましょう。

sponsored link

夏場は冷蔵保存が長持ち。でも冬の場合は・・・

カビを発生させないという点においては、冷蔵保存の方が長持ちはします。気温の高くなりがちな冬以外の季節には、冷蔵保存をするのはオススメです。

しかしずっと入れておくと上で述べたように表面から水分が蒸発し、乾燥します。また酸味が強くなって甘みが弱くなってしまいますのでご注意を!

 

また冷蔵保存は乾燥をしやすいので、できればひとつひとつ新聞紙またはキッチンペーパーに包んで、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫か冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

このポイントを押さえておけば、2~3週間程度保存できます。しかし冬場は、冷蔵しても保存期間は常温とさほど代わらす、さらに味が落ちるので、冬場の冷蔵保存はオススメしません。

大量にみかんがあるときは冷凍保存もオススメ!

せっかく箱買いしたけれど、「ちょっと多いなぁ」「食べきれないかも」と心配な時は冷凍みかんを作ってみましょう!

冷凍保存しておけばしばらくは腐る心配をしなくてもいいし、昔給食で食べた懐かしいあの味が楽しめます♪

冷凍みかんの作り方

1.みかんを洗って、水気を拭き取ります。キッチンペーパーなどで水気を拭き取りましょう。

2.ラップを敷いたトレーに並べて冷凍庫に入れて、しっかりと凍らせます。

3.冷水にくぐらせて、再度凍らせます。

4.ポリ袋などに入れて、冷凍庫で保存しましょう。

☆ポイントは冷水と2度凍らせること!

 

凍ったみかんを冷水につけて再度凍らせることで、氷の膜が表面にできて乾燥しません。これでおいしさを保つことができます。

みかんを冷凍すると、長持ちするだけではなくシャーベットのようなひんやりスイーツになります。

 

普通のみかんならテレビを見ながら2つ3つと無意識に食べてしまいますが、凍らせることによってたくさん食べられなくなるので、食べ過ぎ防止にも効果ありです。

大量のみかんを最後までおいしく食べるためには冷凍保存するのが一番です!

sponsored link

まとめ

1.みかんを常温で保存するには、5度から10度くらいの温度で、直射日光が当たらない通気性の良い場所で保存しましょう。

2.箱で買ってきたみかんはそのまま置いておくとカビが生えたり、痛んだりします。なので箱からいったん取り出し、痛んでいるものを省いた後、みかんのヘタを下にして箱に詰めていきます。

3.大量にみかんがあるときは冷凍保存で。ポイントは冷水と2度凍らせること。

贈り物で箱ごと頂いたり、大人買いで箱ごと購入するなど、大量に手に入れたみかん。この保存方法で保存すれば、最後までおいしく食べられますよ。

また、みかんは袋売りで買うより箱売りで買った方が断然お得です!ちょっとした工夫で長期保存できるみかん。思い切って箱買いして上手に節約してみましょう。