夏前から市場に出回る美味しい果物の一つ「」。

食べ頃になると出てくる甘い香りや、果汁のみずみずしさが大好き!という方も多いはず。

しかし桃はデリケートな果物。少し強く指で押したりすると、そこからすぐに茶色く変色していくほど。丁寧に扱わないとすぐに痛んでしまいます。

 

そんなデリケートな桃ですが、どうやって保存した方が長く楽しむことができるのでしょうか?また長期保存の定番である、冷凍保存をすることは可能なのでしょうか?

今回はデリケートな桃の保存方法とご紹介。そしてなんと!台所に常備しているあるものを使うと劇的に長期保存が可能になる裏技もご紹介します!

<スポンサードリンク>

桃の保存、基本は常温で

桃はとてもデリケートな果物なので、できるだけ冷蔵保存したほうが良いのでは?と思いがちですが、実は桃は基本、冷蔵ではなく常温で保存します。

 

例えばお店で買った桃が少し硬かったりした場合、「追熟」といって甘く熟するまで常温で置いておき、食べ頃になるまで待ちます。桃は常温で1日か2日ほど置いておくだけで、生まれ変わるように柔らかい桃に変化します。

桃は冷蔵庫に入れて低温で保存してしまうと、追熟が行われなくなるだけでなく、水分が奪われてしまい、乾燥して水々さを失ってしまいます。

 

だから保存するには冷蔵ではなく、常温で保存した方が良いといわれています。なるべく一玉ずつそっと新聞紙やキッチンペーパーなどで丁寧に包み、風通しのよい日陰や冷暗所などの涼しいところで保管するとよいでしょう。

ただし、すでに桃が柔らかかったり、結構暑かったりするとすぐに痛んでしまったり、腐ってしまいますので注意が必要です。

sponsored link

少し長い間保存する場合のおすすめ

1日2日程度なら常温をオススメしますが、5日以上と少し長い間保存する場合は、あまりオススメしませんが、きちんとラップで包むか少し空気を含ませたビニール袋に入れて冷蔵保存すると1週間くらいは保存が効きます。

冷蔵保存する際の注意点として「まだ甘くない桃を冷蔵庫に入れない」ということです。甘くない桃を冷蔵保存すると追熟が止まってしまいますので、食べ頃になってから冷蔵保存しましょう。

 

また食べるときの注意点は、冷蔵庫で冷やしてしまうと甘みが半減してしまうので、できれば食べる2時間前に常温で温度を戻してからお召し上がるとよいでしょう。

桃を1カ月間も冷蔵保存できる「アルミホイル」

 

通常桃を冷蔵保存した場合、だいたい5日から1週間くらい保存が可能と言われています。しかし、クックパッドで紹介され、一躍話題となった桃農家さん直伝の冷蔵保存方法があるんです!それがこちら!

クックパッド:桃農家さん伝授の桃の長期保存方法
http://cookpad.com/recipe/2745180

桃をひとつひとつしっかりとアルミホイルで隙間なく包み、冷蔵庫へ入れるだけ!

 

ポイントは「空気が入らないようにピチピチにしっかり包む」こと。

こうすれば香りや甘みがあまり飛ぶことなく、長く保存することが可能になります。またこの方法だと半月以上、長い場合は1ヶ月以上保存が可能に!桃が大量に手に入ったときはこの方法でバッチリ!

ゆっくりと長い期間、美味しい桃を楽しむことができるのでお試しください。

sponsored link

桃の冷凍保存の仕方

これまで申し上げたとおり、桃の旬は夏です。

冷蔵庫がフル稼働する季節でもあるので、冷蔵庫内に桃を保存するスペースがない!という方には桃をまるごと冷凍保存するという方法をおすすめします。

ただし桃の冷凍は本来の食感を失ってしまいます。シャーベットやスムージー用として十分に使えますので、食べきれない場合には冷凍保存もありという考え方です。

 

ポイントとして保存する際に皮を剥いておけば、解凍した際のドリップ(水分)でベタベタすることはありませんし、手軽にシャリシャリ状のシャーベット感覚で桃の美味しさ、みずみずしさが味わえます。

ちなみに冷凍での保存の目安は1~2ヶ月程度です。

冷凍保存はカットして冷凍

桃をお好きな大きさにカットします。そして酸化して色が黒ずまないようにレモン汁を合わせて冷凍すれば、便利な桃の冷凍パックのできあがり!

小さなジップロックに小分けしておけば好きな量の桃が楽しめます。

全解凍するとドリップでべちゃつくので注意

冷凍する際は半解凍にしてそのままシャーベットで頂けます。

全解凍してしまうと、桃は水分の多い果物なのでドリップが相当出ます。かなりベチャッとした外見となり、そのまま食べるのは厳しいかもしれません。

半解凍のシャーベット状を楽しむほか、スムージーやジュース、ソルベの材料として濃厚な味を楽しむのが良いでしょう。

sponsored link

まとめ
  1. 桃の保存の基本は常温保存。少し硬い場合は常温で置いておいて「追熟」させると美味しくなります。桃は冷蔵庫に入れて低温で保存してしまうと、追熟が行われなくなるので注意が必要です。
  2.  5日以上と少し長い間保存する場合は、オススメしませんが冷蔵保存で。きちんとラップで包むか少し空気を含ませたビニール袋に入れて保存すると1週間くらいは保存が効きます。しかし冷蔵すると追熟が行われなくなったり、甘みが半減するので注意が必要です。
  3. しかし冷蔵保存する際に、アルミホイルを空気が入らないようにピチピチにしっかり包んでおくと、半月から長い場合は1ヶ月ほど保存が可能になります。
  4. 大量に桃がある場合は冷凍保存もオススメ。しかし桃本来のみずみずしい食感を失ってしまいます。シャーベットやスムージー用として使うなど、食べきれない場合には冷凍保存もありという考え方です。

「桃」の一番の楽しみ方はなんといっても熟した際に生で頂くのがベストですが、上記の方法で少しでも長く桃を楽しんでみてはいかがでしょうか?

またより美味しく食べることでますます桃が大好きになるのではないでしょうか。