一人暮らしをしている人の多くは、1kやワンルームにお住まいですよね。「お部屋のキッチンが狭い!」という悩みはあるあるでは?

モノを切るスペースもなければ、お皿も置けない、そんな悩ましいキッチンに、日々やりにくさを感じる人も多いのではないでしょうか。

私も狭い1kに住んでいますが、キッチン周りの利便性を工夫するまでは、よく、まな板ごと食材を落として面倒な思いをしていました。

このように、キッチンが狭くて使いにくいと、不便さを感じるだけでなく、怪我もしやすくなり危険です。

また、最初に、何も考えず、必要以上に多くのキッチン用品を買ってしまい、狭いキッチンが余計に狭くなってしまうことも…

でも私は、少し工夫をすることで、劇的に狭いキッチンが使いやすくなりました。狭いからといって諦めず、スマートで快適なキッチンにしましょう。

一人暮らしに最低限必要なキッチン用品とは

まずは、キッチン用品が使いやすくなければなりません。必要以上の道具があると、邪魔になるだけでなく、料理もしにくいですから、この辺はすっきりさせて置くべきでしょう。

これから一人暮らしをはじめる人は、購入品の参考に、すでにしている人は、一度いらないものがないか見直してみましょう。

  • 作る用品:まな板・包丁・鍋・フライパン・菜箸・オタマ・フライ返し
  • 入れる用品:ざる・ボウル・平皿・深めの皿・茶碗・汁椀・耐熱のコップ
  • 片付ける用品:洗剤・スポンジ・食器用水切り
  • (保存する用品):米びつ・タッパー

よほど凝った料理をしない限りは、上記のものがあれば、十分自炊できます。また、それぞれの大きさですが、大は小を兼ねますし、作り置きする際にも便利なので、一人暮らしだからといって、小さい鍋やボウルを買うよりも、少し大きめのものを購入しておくと良いです。

毎食作っていては大変ですからね。まとめて調理できると楽チンです。その上で、収納できそうなら、小さくて便利なものを買い足しましょう。

これらの収納については詳しく後で触れるとして、まずは、一人暮らしに欠かせないけど、置き場所にかなり困る、「キッチン家電の使いやすい置き方」をご紹介します。

家電の収納は?置き方の注意点

一人暮らしのキッチン周りで、家電の置き場所といえば、冷蔵庫の上でしょうか。冷蔵庫の上といっても電子レンジが辛うじて置けるくらいですよね。

他の家電はどこに置くのかという問題が発生します。炊飯器・オーブントースター・電気ケトルの置き場所って困ってしまいます。いつまでも床置き、なんて人もいるでしょう。

炊飯器の床置きについて

炊飯器の床置きって実はとても危険なんです。炊飯器を床置きしている友人が、蹴ってしまって、コンセントが炊飯中に抜けたり、足の指を痛めたり、何かと不便していました。

蒸気も上がり、本体もあったかくなりますから、賃貸の床にダメージもありそうです。また床に置くと、どうしても埃等が入りやすくなってしまうので、衛生的にも、気持ち的にもよくありません。やっぱりそれ用の棚が必要です。

カラーボックスよりも…

そこでおすすめなのが、「キッチンワゴン」です。

私は、キャスター付きの、炊飯器と少しのお皿などが置けるくらいの大きさで、棚が3段のものを買いましたが、これが本当に便利で、感激しました。

使わないときは、クローゼットにしまっておいて、使うときに出してきます。

一番上に電子レンジ、二段目にトースター、あとはパンや米びつも置いています。調理台にもなるので、これを取り入れてから、ストレスが大幅に減りましたよ。

クローゼットがない人も、出しっぱなしにしていても、あまり奥行きがなく、カラーボックスのように場所も取らないので邪魔にはならないはずです。さらに簡単に動かせるので、掃除もしやすいです。

キャスター付きキッチンワゴンがオススメ

よく使われるカラーボックスなどの棚の高さが一定のものは、無駄なスペースができてしまいがちで、狭い一人暮らしのお部屋を有効に使えません。

キャスター付きの可動式のものが良いです。楽天市場やIKEAなどで、3,000円ほどで手に入ってしまうので、買わない手はありません。

ちなみに、これまた必須家電の電気ケトルは、テーブルに置いて、いつでもお湯が沸かせるようにしています。さて、家電の置き場所はワゴンを買い足すことでクリアしましたね。

さて、食器棚は、どうしましょう。食器をしまわずに、水切りに置きっ放し、適当に重ねてカラーボックスに入れているという人が多いのではないでしょうか。しかし、より使いやすく、片付けやすい収納ができると、毎日の時間の短縮にもなります。

→山善(YAMAZEN) キャスター付きキッチンワゴン

食器棚は必要?流しの下の有効活用


一人暮らしであれば、食器の数を出来るだけ少なくするのが一番なので、食器棚を購入する必要はありません。

一人暮らしのキッチンに備わっている収納は、流しの下の棚のみということも多いでしょう。しかし、ここに鍋やフライパンを横にして置くとお皿が置けないですよね。

流し下を超有効活用する最強アイテム!

この悩みを解決するアイテムが、「プラスチックの書類用ファイル」・「排水管が避けられるラック」です。もはや、よく知られたアイテムですが、知らなかった人は、ゲットしてみてください。

デッドスペースが出来ないように、とにかく棚は、このように、ラックや棚をプラスして、上下に区切りましょう。下には、ボウル類、上には食器類が置けて、場所を有効に使えます。

さらに、かさばって仕方がない、鍋やフライパンの収納に使えるのが、100円均一や無印良品に売っている書類用のファイルです。

これに立てて置けば、倒れることもなく、取り出しやすく、スマートに片付けられます。

→排水管が避けられるラック

あると便利!その他一人暮らしのキッチンを快適にするグッズ紹介

キッチンはさみ

これは、封を切る目的以外に、簡単な調理にも使えるので、あると助かる場面が多いです。

例えば、ちょっと刻みネギが必要な時に、まな板と包丁を出して、それをまた洗うのは面倒ですよね。
はさみで切ってしまえば、簡単に済みます。

Henckels ケルン 料理ばさみ 11515-001

レンジでパスタが茹でられる容器


レンジで調理できる系の容器は、他にも、シリコンスチーマーなど、鍋が汚れず、洗い物も少なくなるので、持っておくとこちらも大変便利です。パスタだけに限らず、野菜を簡単にむせるものなどもあります。

どうしても、切って、お湯を沸かして、茹でるという過程を考えると気後れして、なかなか野菜を食べる気にもなれませんから、栄養を取るため、という視点からもこういうグッズは手に入れておきたいです。

パスタゆで容器PS-G62

マグネット収納


シンクの上に物を直置きすると、カビが生える原因になったり、何かと掃除が大変です。そこで活用したいのが、冷蔵庫の側面。この部分をマグネット収納で有効活用しましょう。

具体的には、収納に困る調理器具やキッチンペーパーをマグネットのついたフックに吊るす、スパイス入れもマグネットではれるおしゃれなものがあります。

一つで、二役以上の使い道があるものや、片付け・掃除の手間が減るグッズを意識して選ぶと、無駄がぐっと減ります。

レック マグネットポケット (仕切り付) K-998

まとめ

狭い部屋だからといって、危険な家電の床置きや、非効率な収納をしていると、毎日のことですから、ストレスになり、自炊から遠ざかる原因にも繋がってしまいます。

せっかくコンパクトなキッチンなので、工夫次第で、いくらでも効率的な使い方ができます。キッチンワゴンやラックなど、どれもリーズナブルで、ネットでも近くのお店でも簡単に手に入れることができます。

キッチン収納や必要なグッズを見直して、自分にとって、スッキリ使いやすい空間を作りましょう。自炊のモチベーションもきっと上がるはずです。