真っ白でまんまるなかぶ

見た目かわいい~のに、実はとっても体に良いお野菜だって知っていましたか??

色白美人顔のその見た目からはなかなか思いつかない、びっくりな効果効能をご紹介したいと思います。

かぶの栄養成分とその効果効能

かぶの知られざる栄養効果とその効果効能を説明していきます。

スーパー野菜かぶ

かぶの持つ栄養は、同じ淡色野菜である白菜や大根と似ています。
大根なんて見た目も兄弟みたいですよね(笑)

かぶは白い根の部分と、緑色の茎~葉の部分に分けられますが、根の部分は淡色野菜葉の部分は緑黄色野菜、と1つで2つの顔を持つ『スーパー野菜』なのです!!

緑黄色野菜とは、一般的に見た目の色が濃く、可食部100g中に600㎍以上のカロテンが含まれているものですが、トマトやピーマンは例外で、カロテンを600㎍含んではいないけど、緑黄色野菜として認められているそうです。

一方の淡色野菜は、薄い色味の野菜で、水分や食物繊維が緑黄色野菜より豊富、という特徴があります。

かぶの栄養

かぶの栄養成分については文部科学省のデータによると以下のようになります。

まず、可食部100g中92.3gが水分。ということは、相当みずみずしい!!

そのたっぷりの水分の中に、カリウム330mg、カルシウム250mg、マグネシウム25mg、ナトリウム24mgなどが含まれています。

かぶにはこんな効果がある!

カブは古くから親しまれていた野菜で、七草がゆに入る「スズナ」=「かぶ」なんです。室町時代に始まり、江戸時代に定着したといわれる七草がゆですが、「スズナ」であるかぶには、消化を促進する『ジオスターゼ』とでんぷんを分解する酵素である『アミラーゼ』が豊富に含まれています。

これがお正月のごちそうに疲れ気味の胃腸の回復に大きな効果をもたらすということから、昔から七草の1つとして食されていたんですね。

 

生で食べると、こうした酵素の働きを十分に取り込み、胃もたれや胸やけを改善してくれるので、胃潰瘍・胃炎にも効果的です。

一方、かぶに火を通して食べると、じんわりと体をあたためる効果があります。ビタミンCも豊富なので、風邪のときにぴったりなお野菜ですね。

 

また骨や歯をつくる『カルシウム』も豊富なので、骨粗しょう症の予防などにもぴったりです。牛乳や小魚などと合わせて毎日手軽に栄養補給ができそうです。

また、かぶには血圧を下げる効果のある『カリウム』も含まれていますので、日々の献立にどんどん活躍していきたい食材です。

かぶはダイエット にもおすすめ!

かぶがダイエットに最適な理由

かぶの根部分は甘みがありますが、カロリーが少なく水分が豊富なので、ダイエットにおすすめの食材です。

また食物繊維も豊富なので、お通じがよくなり、体が軽くなるのを助けてくれます。

さらに、塩分を体の外に出してくれるカリウムはむくみ対策にも効果があります。

形や食感の変化で脱マンネリダイエット

かぶは生でも加熱しても食べることができ、切り方や加熱の方法を工夫すると全く雰囲気が変わるので、毎日毎食さまざまな形で取り入れることができます。

 

主張しすぎないそのお味も、また魅力です。和風洋風中華、どんなお味をつけても違和感なくしっくりなじみます。

マンネリがちなダイエットレシピですが、同じ食材でさまざまなバリエーションが広げられるってうれしいですよね‼

ダイエットにおすすめの食べ方

ダイエットにぴったりな食べ方をいくつかご紹介します。

  • 皮をむいて生でまるごとそのまま→農家さんおすすめの、おいしさもいちおしの食べ方‼
  • 生で厚めにスライス→お好みの味付けでサラダに
  • 大きめカットで炒める→オイスターソース、ケチャップと相性抜群。こんにゃくと一緒に炒めるとボリューム満点です。
  • 丸ごとそのまま煮る→柔らかくジューシーになり、お腹があったまります。

鶏むね肉と一緒に煮込むと、ヘルシーなのにあたたまる一品の完成。

かぶを食べるときは、やわらかい根の部分だけでなく、緑の葉っぱの部分を一緒に食べることで、さらにダイエットや美容に効果的です。

アレルギー症状の改善にも

免疫力アップ=アレルギー改善!

アレルギーに悩む人は年々増えています。私もそのうちの1人です。

アトピー性皮膚炎、ぜんそく、杉花粉アレルギーからハウスダストアレルギー、食物アレルギーまで、本当にたくさんのアレルギーで溢れています。

アレルギー切なさというものは、なった人にしか分からない、それはそれは本当に辛いものです…。

薬に頼らずちょっとでも症状が軽くなれば、とさまざまな口コミを探しますよね。お腹の調子を整えるといい、とヨーグルトなども話題になっていました。

アレルギーの救世主

そんな中、最近注目を集めているのが、淡色野菜の摂取です。

なんでお野菜が?!とびっくりしたのですが、淡水野菜に含まれるビタミンCや硫化アリル、イオウ化合物を摂取することが免疫力を向上させ、アレルギー症状の軽減に役立つそうです。

症状の改善、免疫力アップには、毎日欠かさず摂取を続けることが大切ですが、かぶは先ほどもお伝えした通り、さまざまな食べ方ができるので、飽きずに毎日続けていけそうですよね!!

まとめ
  • かぶは緑黄色野菜と淡色野菜の機能を併せ持っている
  • 胃の働きを助けたり、体をあたためたりしてくれる
  • ダイエットに効果的な栄養とバリエーションの広さ
  • 継続的な摂取でアレルギー症状軽減にも効果あり

このようにかわいい根の部分にはこんなにたくさんの魅力がありました。体の中も外もきれいにしてくれるかぶをたくさん食べて、一緒にきれいになりましょう。