あなたは、毎日どのような野菜から栄養を摂っていますか?

健康で過ごせるように日頃からなるべく多くの野菜を摂るように気を付けている方、サプリなどの栄養補助食からではなく本物の野菜から栄養を摂りたいと思っている方、成長期のお子さんがいて色々食を工夫されているご家庭など、野菜は私たちの生活の中でなくてはならない大事な食べ物ですよね。

でも最近では、昔と比べて野菜の栄養価はさまざまな要因で著しく低下しているといいます。たとえば、ニンジンに含まれるビタミンCは、約20年で約40%も減少しているのだとか・・・。せっかく食べても実はあまり栄養がなかった・・・ではがっかりですよね。

でも!大丈夫です!今回はそんな現代に生きる私たちの味方になる野菜‘クレソン‘をご紹介します!!

‘クレソンなんてどんな野菜か知らないしー‘‘え?クレソン?ステーキの横に添えてある緑の葉っぱでしょ‘なーんて思ったあなた、本当のクレソンの本当の凄さを知ったら毎日でも食べたくなってしまうかもしれません。

それではこれから一緒にみていきましょう。

クレソンとは?どんな野菜?

クレソンは、もともとヨーロッパが原産の水生植物で日本には明治時代に持ち込まれたとされている葉が濃い緑色の野菜です。繁殖力が非常に強く育てやすいので、スーパーでは栽培されたクレソンが通年並んでいます。

クレソンの味、料理の活躍の場

そんなクレソンの味は、オランダ水からしと呼ばれることからも分かるようにすがすがしい風味とピリッとしたダイコンのような辛味があります。

洋食レストランでステーキなどの肉料理の横に添えてある緑色をした野菜とイメージするとクレソンのイメージがあまり思い浮かばないという方も大体のイメージはつくのではないでしょうか?

そんなメイン料理の脇役のクレソンが私たちの味方になるの?と思った方もいらっしゃるかもしれません。少し待ってください♪のちほど、詳しくご紹介していきます。

クレソンの旬の時期はいつ?季節は?

クレソンはハウス栽培されるので通年出回っていますが、本来、旬の時期は3月~5月季節はです。その時期のクレソンは柔らかく最もおいしいとされています。逆に春の旬の時期を過ぎてしまうと、茎が太くなり硬くなっていきます。

ハウス栽培でのクレソンは、いつ購入しても味はほとんど変わらないのでいつでもおいしく食べられるそうですが、旬の時期には天然物のおいしくて柔らかいクレソンを食べたいですね。

クレソンは豊富な栄養が含まれている野菜No1!のスーパーフード!?

実はクレソン、アメリカ疾病予防センター(CDC)の機関誌、‘Preventing Chronic Disease‘日本語に訳すと‘慢性疾患を予防する‘に2014年6月に発表された研究で、以下の栄養素を含む‘栄養価の高い果物と野菜トップ41‘リストで、なんとクレソンは堂々第一位にランクインしています。

健康に重要とされる絶対栄養素

・カリウム
・食物繊維
・タンパク質
・カルシウム
・鉄
・チアミン
・リボフラビン
・ナイアシン
・葉酸
・亜鉛
・ビタミンA
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK

以上の17の栄養素の含有量をもとにスコア化されているものなのですが、なんと!!スコア100点を獲得したのがクレソンです。

肉料理の横にちょこんと申し訳なさ程度に添えてあるクレソン・・・

本当は、重要な栄養素を幅広く大量に含むスーパーフードなんです。
(ちなみにクレソンの次に優秀な野菜はチンゲン菜・白菜(91.99点)、ビーツの葉(87.08点)、ホウレンソウ(86.43点)、チコリー(73.67点)でした。上位5つの野菜ですが、馴染みのない野菜がいくつか入っているのも驚きです・・・)

幅広い栄養素を含んでいることが分かったクレソンですが、その他にもクレソンがどんな栄養素を持っているか、上記以外でクレソンの持っている特徴的な栄養素は次の2つです。

・クレソンと『β-カロテン』

クレソンの栄養で最も特徴的なのはβ-カロテンです。100g中2700㎍と豊富に含まれています。

・クレソンと『シニグリン』

クレソンのピリッとした辛味がありますが、その正体はこのシニグリンという成分です。わさびにも含まれるものと同じものです。

 

クレソンにこんなにもたくさんの栄養が含まれているとは、本当に驚きです。私たちが知っていて、よく食べている野菜が栄養価が高いとは限らないのですね・・・。

これを知ったあなたは、明日から食卓にクレソン料理が並ぶのでは?クレソンにはおいしくてカンタンに食べられるレシピもたくさんあるんですよ♪

次は栄養素を多く含むクレソンが、では実際にどんな効果や効能があるのかみていきます。

クレソンの効果・効能

・シニグリン

イメージが強いであろうと思われる、クレソンがステーキなどの肉料理や魚料理に添えられるのは、彩りのためだけではないんです。

確かに緑の葉があることで、料理が華やかになり見た目の良さもありますが、クレソンは肉や魚を食べたとき、タンパク質や脂肪が過剰になるのを防ぎ消化を助けてくれます

そして、特に肉料理などで口の中が脂っぽくなっているのをクレソン独特の風味でまろやかにし、毎回リセットしてくれます。それをしてくれるのが、クレソンのピリッとした辛味の‘シニグリン‘です。

シニグリンは、殺菌作用が強く口臭予防をしたり、たばこに含まれるガン性物質を無毒化する効果もあります。ほかにも血行促進や皮膚を活性化する作用もあるので、発毛・育毛促進にも効果的なんですよ♪

・β-カロテン

ビタミンAの作用をするというのはご存知の方も多いと思いますが、最近では有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあることもわかってきています

活性酸素はテレビでもよく特集されていますね。

体を錆びさせない抗酸化作用、これはうれしいです。他にもβ-カロテンが豊富な野菜を十分に摂取することによって、心疾患やある種のがんのリスクが低減することもあるそうです!

・カリウム

カリウムは私たちの体内には欠かせないミネラル成分。近年、カリウムの摂取量を増やすことによって、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながることがわかってきました。

カリウムの摂りすぎによる害は、普通の食生活ではほとんどないそうなので、なるべくたくさん摂りましょう。でも、腎機能が低下している方はカリウムの摂取に制限がある場合もあるそうなので気を付けてください!

・鉄分

血をなめると鉄の味がしますよね。鉄は、主として血を作るのに必要な栄養素です。

鉄が欠乏すると貧血になるおそれがありますが、そうなると頭痛がしたり、疲れやすくなったり・・・特に女性は月経による出血や妊娠・出産によってなりやすいので、レバーや魚など鉄分が多い食べ物も一緒にクレソンも添えて摂っていきましょう!

・葉酸

葉酸は他の成分と違って馴染みがあまりないという方もいらっしゃるかもしれませんが、水溶性ビタミンの一つでビタミンB群の仲間です。造血のビタミンとも言われていてその名の通り赤血球を作ったり色々な働きがあるのですが、特に妊娠初期の女性にぜひ多く摂ってもらいたい成分です。

この時期に十分量を摂取すると、胎児の発育不全になるリスクが減るからです。

 

他にも多くの栄養素が含まれているのですが、特に多く含まれるものをピックアップしました。こんなに、多くの栄養素を含むクレソンは、まさに最強野菜ではないでしょうか。クレソン・・・恐るべし。

クレソンは食べ過ぎに注意?!

今まで、いいことだらけのクレソン。食べ過ぎても、カロリーは100g摂取してたったの15キロカロリー。ですが一度に食べ過ぎると、水溶性ビタミンなど栄養素が尿と一緒に流れ出てしまうので、少量ずつをこまめに食べたほうが効果的です!

あとは、上記で説明した葉酸は摂りすぎると葉酸過敏症を起こしてしまうことがあります。(一日につき1000~10000㎍過剰に摂取し続けた場合の可能性なので、そんなに心配する必要はありません。)

低カロリー、高栄養のクレソン。一度の食べ過ぎは控えて、こまめに日頃の食生活に取り入れていきたいですね!

まとめ
  • クレソンはヨーロッパから日本に入ってきた水生植物。ピリッとした辛味と独特の風味が特徴的で、ステーキなどの肉料理の横に添えてある野菜。
  • 旬の時期は3月~5月の春。この時期に食べるクレソンは、茎まで柔らかくておいしく食べられる。
  • クレソンを幅広い栄養を多く含む万能野菜。健康に必要とされる17もの栄養素に加え、β-カロテン、シニグリンを多く含む。
  • 栄養素は豊富な分、いろんな角度から効果・効能が期待できる。
  • 一度に食べ過ぎは要注意。こまめに食べるのがおすすめ。

脇役のクレソンが一気に野菜の主役に躍り出ましたね!

栄養素を丸ごと摂りたい方はサラダなど生で食べるのがおすすめですが、どうしてもクレソンの味が苦手な方は火を通してから食べると、辛味が緩和されるのでそのように食べても大丈夫です。

その際は、せっかくの栄養素が抜け出ないように火の通しすぎには注意してくださいね。クレソンにはおいしく食べられるレシピがたくさんあります♪

クレソンの本当の姿を知ったあなた、今日からクレソンが常備野菜の仲間入り?!