なす変色しやすい特徴を持っているため、他の野菜と比べて格段に「これ大丈夫???!」と不安になってしまう機会の多いお野菜です。

腐っているのか、大丈夫なのか、その判断がとっても難しいです。そして手に取った時には何ともないのに、包丁で切ってみたら…「ナニコレー!!!!!気持ち悪い!!!!」ということもアルアル、なお野菜です。

なすのトラブルについて知っていると、いざ料理~というときに焦ることも減りますし、保存や調理の際にも色々な工夫ができますので、かなり心配も減りますよ。茄子を美味しく食べられるよう一緒に見ていきましょう。

茄子ってどのくらい日持ちするものなの??

まず頭に入れておいていただきたいこと…それは、ずばり『茄子は収穫後、あまり日持ちがしないお野菜』だということです。

なぜかというと、ナスは90%以上が水分からできている非常に水気の多い野菜なので、畑ではたっぷりの水分と養分を根から吸収していました。しかしながら、収穫後は途端に水分の供給がストップした状態になりますから、「いかに乾燥を防げるか」、が日持ちと直結する課題になります。

季節や保存方法にもよりますが、ナスは購入後そのままの状態で冷蔵庫へ入れておきますと、徐々に美味しさは損なわれていきます。

腐るまでにはしばらくかかりますが、『収穫後の日数と美味しさは反比例』と覚えておいてください。

食べるまでに、または調理するまでに時間がかかってしまう場合には、しっかりと保存方法を確認してくださいね。
茄子の正しい保存方法をご紹介!

なすの変色!?たねが黒いのは食べられる?!

<新鮮な茄子>

茄子の変色や腐った状態を知る前に、新鮮な茄子の状態を知りましょう!

新鮮な茄子とは

突然ですが、ナスの中身である実の部分って何色で、どんな見た目のものが普通だと思いますか??ちょっと想像してみてください…

白っぽい、クリーム色っぽい、黄色がかった白、薄い緑色…等々、種類や品種によっても少し違いがありますが、基本的には『白っぽい色』が正解です!

外側は黒紫の皮で覆われ、中身は全体的に白い実です。

新鮮でない茄子の色はどうなる?

<水分が失われ、中身は黒いつぶつぶがあったりする>

これが、『茶色っぽい』とか『黒いぶつぶつがある』というイメージになってしまった場合は、残念ながら普段新鮮な茄子を選べていないか、新鮮なうちに茄子を食べられていないか、のどちらかということになります。

なすはとっても変色しやすいお野菜だということはこちらでもお伝えしました。
【必見!!】茄子の変色の理由と変色を防ぐ方法とは?

ですから今までお伝えしたように、新鮮な茄子は実の部分が白く、種も白いです。実の部分は白いんだけど、種が白以外の色になっている、という時には、少し鮮度が落ちていう状態です。

買った直後にすでに種が変色してしまっている場合は、残念ながら収穫自体が遅すぎたか、すでに店頭で結構な時間を過ごしてしまったナス、ということになります。

茄子は早く食べるべし!

茄子は植物なので、成長していけば徐々に熟し、実はやがて種になり、また地面に落ちて新たな芽になっていくわけですが、野菜として収穫して食べるのであれば、まだ種が熟す前に食べるのがなんといっても一番おいしいです

通常であれば、この時期に合わせて収穫をして、出荷もしているはずです。店頭で選ぶ時はその中でもできるだけ鮮度のいいものを自分で選ぶ必要がありますが、なかなか実の白い部分を見せてもらうってわけにはいきません…

カットしてある茄子って、残念ながら調理済みのお惣菜やお漬物ぐらいですもんね。新鮮な茄子を選ぶには、こちらを参考にしてみてください。
これであなたも野菜通!新鮮な茄子の選び方とは?

一方、購入から時間が経ってしまった茄子も当然、鮮度が落ちています。

全体的に茶色に変色したり、種が黒くなったり、という他にも、種の周りが黒ずんできたり、まだら状に変色したりする場合もあります。

変色した茄子も食べられる!おすすめの食べ方とは?

茄子の果実が全体的に変色している場合も、種の部分が変色している場合も、いずれも食感や風味は劣りますが、工夫次第ではまだ食べることも可能です。

茶色や黒っぽい種が目立つようになった場合でもまだ食べられますので、「気持ち悪~い!!」といって捨てるのは、ちょっと待って下さいね。

変色した茄子に適した料理方法は?

変色した茄子は、生で食べたり、漬物にしたりするのには向きません。これらはとにかく新鮮な茄子が手に入ったら、すぐに試してみてください。

ちょっと鮮度が落ちてしまった茄子は、火を加えてお料理してしまいましょう。茄子は火を通すと、とろりとした食感が楽しめますので、水分が低下して変色した茄子でも美味しく食べられます。

一部のみが変色している場合

また、一部のみ変色している場合は、その部分を取り除いて調理するのが最適です。一部だけ色が変わったり、種の色が変化したりしてくるのは劣化の始まりですので、早めに食べきってしまいましょう。

もしも、茶色くなったり、ぶつぶつした種の見た目が気になって食べにくい、という場合は、加熱調理の中でも『マーボーナス』や『トマト煮込み』など、色の濃い調理方法を選ぶと良いですよ!

ナスの種のブツブツやゴマは虫を連想させるから苦手、という人もいますが、工夫次第で気にならなくなりますので、試してみてくださいね。

なすが腐るとどうなるの?見分け方は??

ここまで、鮮度が落ちて変色した茄子でもまだ食べられるよ、というものをご紹介してきました。それでは逆に、腐ってしまってもう食べられない茄子ってどんなでしょうか??

茄子が完全に腐った状態とは?

茄子は腐敗が進むと、溶けていきます。

元々9割以上が水分でできていますので、とっても傷みやすい野菜といえるんですが、腐ったなすは、皮も実も濃い茶色~黒色になります。私はよく茄子を大量に頂いた後、冷蔵庫内で忘れてしまい、何度も腐らせてしまったことがあります(涙)

そんな茄子ですが、食べれる程度の腐り方なのかを見分ける2つの方法があります。

  • ヘタで見分ける方法
  • 茄子の実で見分ける方法

ヘタの部分で腐るのを見分けよう!

茄子は水分が多い野菜のため、カビも生えやすいです。ヘタの部分にカビが発生することが多いので、腐ったかどうかの確認の場合には、このヘタの部分をじっくり眺めてみるのがおすすめです。

新鮮な茄子はこのヘタの部分のとげが刺さるほど痛い、という特徴もありますので、ここがだんだんしんなりしてきて、最終的にカビっぽくなってしまっていたら、残念ながら腐っている、という判断で間違いないと思います。

ヘタをすでに取ってしまっていた場合は、この部分で判断ができなくなりますね。その場合は実の部分を持ってみてください。

茄子の実の部分で見分ける

ぶよぶよしたり、汁が出てきたり、手に取った実の部分が何かしら変化してしまう場合は腐っていますので、すぐに処分して、冷蔵庫内にそれらの汁が漏れ出ている場合は、一緒に消毒もしておいてくださいね。

他のお野菜などにも傷みが移ってしまうことがあります。

注意!見た目では分からない茄子の違和感

また逆に、見た目では全く変わりはなかったけど、食べてみた時に「あれ、何かいつもと違うな~」と感じる時もあります。

色や見た目に変化はなくても腐っているという可能性はゼロではありませんし、茄子を食べてこうした違和感を感じる場合に、食あたりやアレルギーのような症状がみられることがあります。→【危険!茄子のアレルギーと食べすぎに注意!】

苦みを強く感じる場合というのは、なすの鮮度が落ちてアクが強くなっているということと、自分の体調が万全ではないため茄子の毒素に当たりやすくなっている状態の両方の可能性が考えられますが、どちらにせよこのような場合には人間本来の感覚を大切に、すぐに食べることをやめることが何よりの対策です!!!

まとめ
  • なすは日持ちしない野菜。早めに食べきることが1番。
  • 新鮮な茄子は、種も実も白い。
  • 実や種の鮮度が落ちると変色するが、食べられる。悪くなった部分を除いたり、調理方法を工夫すると気にならない。
  • 腐った茄子は見た目や味でしっかり判別できるように、注意する。腐った場合は他の食材と混じらないよう注意。

あまり日持ちしないナスなので、購入時には美味しく食べきれる量を考えながら、購入するのが一番ですね。

特に旬の時期など、頻繁に手に入る時期にはその都度、新鮮なものを入手する、というのが最も贅沢な食べ方なのかもしれません。傷まないうちに、おいしく楽しんでみてくださいね。