チコリエンダイブという洋野菜をご存知ですか?

まだ日本では馴染みが薄いですが、女性にうれしい栄養が豊富でここ数年注目されつつある野菜です。チコリとエンダイブは、見た目はまったく別の野菜ですが、国によって呼び方が変わり、またその呼び方が似ているので少しややこしいんです。

日本で売っているエンダイブは、フランス語でシコレまたはチコリ(Chicorée)、英語でエンダイブ(Endive)。その逆で、英語でチコリ(Chicory)、フランス語でアンディーブ(Endive)が日本でチコリとして売られています。そのせいで、エンダイブとチコリって同じ野菜なの?って思うことも多いみたいですね。

で?そのエンダイブってどんな野菜なの?と気になりますよね。

私も見たり聞いたりしたことはありますが、実際に食材として使ったことがなかったんです。最近は料理番組やレシピで登場することもあり、人気が高まってきていてすごく気になる野菜の1つです。

そんな隠れ人気野菜のエンダイブについてチコリとの違いに触れつつ、エンダイブの基本情報や栄養素などをまとめてみました。

エンダイブってどんな野菜?

エンダイブはヨーロッパ原産のキク科の一年草の野菜で、別名「ニガチシャ」とも呼ばれています。一見、グリーンリーフによく似ていますが、「ニガチシャ」と呼ばれるように苦みが強いことが特徴です。

ヨーロッパでは、古くから食卓には欠かせない野菜で親しまれています

日本にも江戸時代頃には入ってきていたとみられているんですが、その独特の苦みで好みが分かれ、日本の食卓にはなかなか浸透しなかったのかもしれません。

独特の栽培方法でホテル料理でも食べられるエンダイブ

外側の緑の部分が苦く、内側の白い部分は苦みが少ないため、栽培時には内側に日を当てないように布を被せるなどして、内側の白い部分が多くなるように軟白栽培されています。

軟白栽培されたものはホワイトエンダイブとして売っていることもありますよ。

エンダイブの独特の苦みとシャキシャキ感が、レタスなどの野菜と混ぜてサラダにすることで味にアクセントがつき、外食店やホテルの料理などでよく使用されています

スーパーで見かけることはあまりないですが、デパートや青果店で陳列されることが多くなってきました。日本で流通しているエンダイブのほとんどは国内産ですが、ヨーロッパからも輸入されています。

チコリとエンダイブの関係とは?

チコリ、エンダイブ。どちらもまだ馴染みが薄く、スーパーに必ずある野菜ではないですが、栄養や効果が期待されていて人気上昇中です

見た目はまったくの別物なのに、国によって呼び方が違い少しややこしいのですが、実は色々な共通点があるんです。

共通点をまとめると・・・

  • 原産地はヨーロッパで古くから愛されている野菜。
  • キク科の植物。
  • 独特の苦みがある。
  • 食物繊維やビタミンなど、美容と健康にいい栄養が豊富でアンチエイジング効果が期待されている。
  • 少し高めの高級洋野菜

など、呼び方が似ていて共通点も多い野菜です。
チコリの記事はこちら→インスタ映えする注目野菜「チコリ」とは?

これからはおしゃれに日本の食卓を彩ってくれること間違いなし!

エンダイブの旬はいつ?

あまりスーパーで見かけないのは、旬が関係している?

いえいえ、そんなことはないんです。

日本では長野県や静岡県で栽培されているエンダイブの旬10月~3月ですが、ヨーロッパからも輸入されているので年間を通して見かけることができます

長野県などの高地では早くから出荷され、静岡県では11月頃から出荷されます。採れたての新鮮な時に食べるととてもおいしいでしょうね。

エンダイブのすばらしい栄養を知ろう!

エンダイブは食物繊維の他にミネラルも豊富に含まれており、美容と健康にいい栄養素満点で人気が高まっています。

エンダイブの栄養とその効果を簡単にまとめてみました!

  • 食物繊維  …腸内環境を整え便秘予防、コレステロール値を下げる効果
  • ビタミン類 …生活習慣病予防・改善、粘膜や皮膚を健康に保つ効果
  • カリウム  …高血圧予防、むくみ予防・改善、筋肉を正常に保つ作用
  • カルシウム …骨や歯を頑丈にする、骨粗しょう症予防、精神状態を安定させる
  • βカロチン  …アンチエイジング・美肌効果、ガン予防・制御する効果

他にもたくさん栄養が詰まった、まさに栄養の宝庫なんです。女性にうれしいたくさんの効果効能がある栄養が詰まっているので、注目が高まってくるのもわかりますね。

クセになる大人の味

美肌効果もあり、栄養豊富ならたくさん食べたいところですが、ニガチシャと言う別名があるように少し苦みのあり好き嫌いが分かれる野菜です。

ヨーロッパなどで古くから親しまれているのは、やはり肉料理の前菜や付け合わせによく合うからでしょうか。

確かに味のアクセントが強いので、和食で使う時はアレンジが必要です。

キャベツやレタスのようにそのまま丸ごとモシャモシャと食べれる野菜ではなく、どちらかと言うと、「口の中を1度さっぱりさせてくれる野菜」になると思います。

美味しい食べ方をご紹介!

縮れた葉が特徴的でシャキシャキとした歯ごたえを味わうには、やはりサラダ、マリネが1番合います。その他にもスープに入れたり、炒めものでも野菜だけにバリエーションは豊富です。

外側の緑の部分は苦みが強いため、内側の白い部分をサラダなどにして食べることが一般的ですが、茹でたり炒めたりすることで独特の苦みもおいしくいただけます。

苦みを少しでも抑えたい場合は、切ったあとに水で数時間さらしておくと苦みが和らぎ食べやすくなります。

また、天ぷらや油炒めにすると、苦みがほとんどなくなりますよ!

 

でも火を通すと、せっかくのエンダイブの栄養も落ちてしまうので、エンダイブのほろにがさを味わいながら、生で食べるのがおすすめです。

エンダイブの選び方と簡単な保存方法

お店で新鮮なエンダイブを選ぶ際は、「茎の部分が白く、葉先が細かく縮れているもの」を選ぶといいですよ!

また、茶色くなった部分が少なく、裏側の切り口がみずみずしいものを選ぶことがポイントです。

 

冷蔵保存で2~3日くらい持ちますが、葉の変色やシャキシャキ感がなくなってしまうので早めに使い切ってくださいね。

保存する際は、葉先から乾燥しやすいため、湿らせたキッチンペーパーなどでくるんでからラップで包んで袋に入れて保存します。痛みや変色が気になる方はできるだけ使い切りましょう。

まとめ
  • エンダイブは、葉の縮れた少し苦みのある洋野菜。
  • チコリとはまったくの別物。
  • 栄養もあって徐々に人気上昇中!
  • 旬は冬ですが、年間を通して手に入る
  • 百貨店などの青果コーナーでたま〜に見つけることが可能
  • 女性にうれしい栄養が満点!
    食物繊維やビタミンをはじめ、抗発がん作用やアンチエイジングにも期待できるβカロチンが豊富
  • シャキシャキとした歯ごたえと独特の苦みがクセになる大人の味

サラダにして食べることが多いですが、味にアクセントがあるので煮たり炒めてもおいしくいただけますよ。

1日栄養を補うために、同じ野菜を1度に大量に食べることはなかなかできません。味と見た目のアクセントをつけて、いつものサラダをおいしくいただけるエンダイブ。食べてみるとクセになること間違いなしです!