スーパーマーケットの野菜コーナーで見かける「オーガニック」や「有機野菜」の文字を気にされた事は、ありませんか?通常の野菜より値段も高いですし、なんだか扱い方が高級ぽい?!ですよね。

体に良さそうだけど、やっぱり日ごろの家計を考えると毎日も買えないです。だから、私は、自分で有機野菜を作る事にしました。大変そうだけど、少しずつ勉強して自分だけの野菜を作りたい!そんな気持ちから始めました。

日々、有機野菜生産農家さんと農作業をしていく中で、いろいろ教えてもらいました。

オーガニックってなに?基準はあるの?

オーガニックは、響きだけ聞くと「体に良い野菜」というイメージがありますよね?だけど、本当の意味も知らないし、ちょっと、気になる方もいると思います。ここでは、オーガニックについて説明していきます。

オーガニックの意味は?知りたい!!

「オーガニック」とは、日本語で「有機的〇〇」を現す言葉です。ですから、海外の有機野菜を、オーガニックベジタブルと言います。

つまり、有機野菜と同じ扱いになるので、農林水産省のHPでは、「有機JASのマークを付けていない野菜については、オーガニックや有機など紛らわしい表記をする事を法律で禁止」としています。

このように、オーガニック、有機というのは基本的に同じものを表す意味ですが、一部の紛らわしい「有機、オーガニック」と表記されている商品と、農林水産省公認の「有機、オーガニック」では全然違うというわけですね。

そんな「公認」の有機野菜とはどういった野菜のことをさしているのでしょうか?その意味を詳しく見ていきましょう。

有機野菜として売るにはいろいろと決まりがあります

皆さんは、このマークを見た事がありますか?このマークが付いている野菜は、農林水産省が「この野菜は、有機野菜です」と認めた農家へ使用許可を出しているマークです。

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。有機野菜を買いたい時は、太陽と雲と植物をイメージしたマークが目印になります。

有機野菜として販売されている農家さんの努力とは?

先ほども説明しましたが、有機野菜、オーガニック野菜として販売するには、農林水産省公認のJASマークを取得しなければなりません。そのため有機野菜を専門で栽培している農家さんは、厳しい検査を受けその検査のために費用をかけています。

一度だけ、このJAS認定員の検査を間近で見学させてもらう機会がありました。認定員の方は、2名で、事細かいチェック項目がある書類を何十枚も持っていました。そして、事細かくチェックするのはもちろんですが、農家さんにもさまざまな質問をして、「有機野菜づくりの知識があるか?」も確認されるのです。

そこで問われるのはこういった項目になります。

主な項目

  • 栽培に使われている畑は、3年以上前から化学肥料、農薬の使用をしていないか?(これは、土を持ち帰り検査されました)
  • 肥堆など決まった肥料を使用しているか?
  • 使用している水の水質は?(井戸水等の場合は、検査結果が必要)
  • 水耕栽培等でなく、土壌を利用しているか?(水に栄養だけ溶かして栽培するのが「水耕」)

有機野菜の付加価値を理解してみる

スーパーマーケットで見かける、有機JASマークが付いた野菜が、他の野菜より高い理由がなんとなく理解できましたか?検査にかかる費用にプラスして管理や講習会の参加にも費用がかかるので、少し高くなるわけですね。

また、検査の大半は、畑の土に関するものです。農地として買い取った畑が、少しでも化学肥料を使っていた畑だった場合は、その畑を基準に満たす畑にするために早くても3年はかかるそうです。

このようなことからも有機野菜の信頼性が分かりますね。

各地域で無農薬野菜を推奨する野菜づくりとは?

私の地元、岐阜県では県独自に「ぎふクリーン」というマークを付けた野菜もスーパーや直売所で販売されています。

このマークは、化学肥料や農薬の使用は規定範囲以内である野菜についているマークです。

ぎふクリーンに取り組むための3か条

  1. 化学肥料・化学合成農薬などの適正使用
  2. 代替技術の利用
  3. 土作りとリサイクル、積極的な利用

各都道府県独自の減農薬野菜のマークが存在します。例えば、青森県のリンゴなどには「青森県認定特別栽培農産物」、北海道では「YES! cleanマーク」があります。

昔の農家さんは、有機野菜を作っていた?!

大河ドラマ「西郷どん!」に農作業の風景が何度か出てきます。農薬や化学肥料もない時代だと思います。では、日本で農薬や化学肥料が使われるようになったのはどうしてなのでしょうか?

農薬が使われるようになったのは…戦後からってホント?

1960年代に、日本でも農薬や化学肥料を使うようになった…という説明をあるセミナーで聞いたことがあります。そのセミナーは、有機野菜を作るために農薬の事も知りましょう!というものでした。

戦後になると、食糧不足から野菜の大量生産が必要となり、より早く、より大きく野菜を育てる為に化学肥料が使用されるのが当たり前になったそうです。

ただ、農薬や化学肥料を全否定している訳ではないのです。農薬は、国が「人体に害のないもの」を大前提に厳しい基準で管理しているのです。また、細かい期間で見直しもされています。

みなさんが、スーパーマーケットで見ている野菜ですが、大根もきゅうりもまっすぐで、ほぼ同じ大きさですよね?

私も、そこを疑問に思ってこなかったんですが、実際自分できゅうりを育ててみると…まっすぐにならないんです。不思議になって農場長のTさんに聞いてみたら、大笑いされました。「きゅうりも大根も曲がるのが自然だ。スーパーにあるのが不自然な形かもしれん。」と説明を受けました。

曲がったきゅうりやふぞろいな形の野菜

JA(全農)と農家の関係

昔の農家は、自分達が育てた野菜はJA(全農)に収めていました。JAが決めている各野菜の規定サイズがあります。

サイズに満たないもの、形が悪いもの、虫が食っているものは、買い取ってもらえないため農家はロスを出さないように、農薬や化学肥料を使用し栽培管理するようになったそうです。

今現在は、若手の農家がJAへの出荷をせずに、独自の流通経路を開拓し、有機野菜を栽培して自らオーガニック・レストランを経営するなどさまざま形の農家が増えました。

このような流れを受け、日本国内でも有機野菜への関心や流通経路が変わろうとしています。

見直される有機野菜

突然ですが、2020年日本で開催されるオリンピック・パラリンピックと農業に深い関係があるのをご存知ですか?

え?!全く関係ないでしょ?と思われたかもしれません。実は、農林水産省が早急に進めている農業方針があるんです。先進国に比べオーガニック野菜が手に入りにくい国、それが日本なのです。先進国の中には、オーガニックは当たり前に食卓にならび、手軽に手に入る食材という認識もあります。

政府は、これから海外からたくさんの観光客が来るオリンピックやパラリンピックに間に合うように整備しているんです。JAS(日本が決めた有機産物の基準)より遥かに高いレベルであるGAP(有機栽培の世界基準)の導入を補助金を出して農家へ進めています。

このような流れですので、有機野菜が日本国内により広く普及する日はそう遠くないかもしれません。

まとめ

今回は、オーガニックと有機の違いについて簡単ではありますが、説明させて頂きました。普段は、直接接することのない農家さんについても触れてみました。

  • オーガニックと有機は、同じ意味
  • 国が認定している「有機野菜」にはJAS認定マークがついている
  • 各都道府県では、減農薬推進のための独自のマークがある
  • 農薬や化学肥料は「人体に害のないもの」が大前提で、国の厳しい基準で管理されている
  • 2020年オリンピック・パラリンピックに向け国の農業方針がJASからGAPへ進められている

これから、スーパーマーケットで「有機JASマーク」の付いた野菜を見かけた時は、少しだけ農家さんがどんな努力をしているか思い出してもらえると嬉しいです。

次のページへ ➡︎